下肢静脈瘤は女性に多い病気~アンゼン治療で明日もゲンキに~

医者

分類と原因

分類

女性

下肢静脈瘤とは足の血管が目立つようになったり、むくみが起きやすくなったりする症状のことです。下肢静脈瘤は次の二つに分類することができます。すなわち、一次性静脈瘤と二次性静脈瘤の2つです。一次性静脈瘤の症状には、足の血管が浮き出てくる、皮膚の色が変色するといったものがあります。また、二次性静脈瘤の症状には、血管がふくらむこと、胸に強い痛みを感じることなどがそうです。この二次性静脈瘤の場合は、深部の静脈に血栓ができてしまい、その血栓が肺に到達することがあります。こうして胸の痛みを引き起こすわけです。下肢静脈瘤は、基本的にこの2つに分類することができます。そして、この分類からまたいくつかのタイプに分けられていきます。

原因

下肢静脈瘤は、どのような原因で引き起こされるのでしょうか。発症している患者を診てみると次のような仕事に携わっている人が多いです。すなわち、接客業などの立ち仕事をしている人やオフィスでのデスクワークに従事している人です。こうした人たちが下肢静脈瘤になる理由は極めて簡単です。それは足を動かしていないからです。立ち仕事の場合、長時間同じ姿勢が続いてしまいがちです。また、デスクワークもずっと座りっぱなしであまり足を動かすことがありません。このような状態が続くと、静脈の流れを滞らせてしまいます。静脈の流れを促すことができずに発症してしまうというわけです。女性に多い病気というのも、こうしたことからもわかります。

Copyright©2015 下肢静脈瘤は女性に多い病気~アンゼン治療で明日もゲンキに~ All Rights Reserved.