下肢静脈瘤は女性に多い病気~アンゼン治療で明日もゲンキに~

医者

症状と特徴

症状

病棟

下肢静脈瘤は最近よく耳にする言葉です。下半身に何か血管のこぶができる病気というイメージが広がっていますが、実際の症状というのはどういうものなのでしょうか。実際の症状としては、足の血管が浮き出ていること、血管が以前よりも明らかに目立ってきていることなどが見た目の症状です。あるいは、足がよくつるようになったり、むくみがひどくなってきたりした場合も下肢静脈瘤の可能性があります。下肢静脈瘤は自然治療ができない病気です。必ず、こうした症状が出てきたときは病院に行って診断を受けましょう。放置しておくと、重症化してしまいます。入院する必要はありませんので、通院治療できちんと治ります。疑いがあれば早期に病院に行きましょう。

下肢静脈瘤の特徴はどういうものでしょうか。下肢静脈瘤というのは、足の静脈の弁が壊れる病気です。中高年になると菓子静脈瘤になる可能性が高いです。その発症率はかなり高いです。特に、40歳以上の約50%は下肢静脈瘤になっています。足の静脈の弁が壊れることがなぜ問題なのかというと、これを理解するには静脈の知識が必要です。静脈とは二酸化炭素や老廃物を心臓に運ぶ役割を持っています。足の静脈は上に向かって運ぶので逆流防止用の弁がついています。この弁が壊れると逆流が生じて血液が血管内のいろいろなところに溜まってしまいます。それで血管が浮き出たり、むくみが起きたりするわけです。一般的な治療としてはレーザー治療があります。逆流を引き起こしている血管をレーザー光でつぶすわけです。

Copyright©2015 下肢静脈瘤は女性に多い病気~アンゼン治療で明日もゲンキに~ All Rights Reserved.