電力自由化の詳細を確認【お得なところを選ぶ】

記事リスト

契約前に注意しよう

主婦

トラブルに合わないために

2016年にスタートした電力自由化により、一般の家庭でも電力会社を選択できるようになりました。いろいろな会社が広告を打ち出しているので目にしたかたもいらっしゃるかと思いますが、切り替える際にどのようなことに気をつければよいのか、いくつか紹介していきたいと思います。まず、一番に気をつけていただきたいのが詐欺や悪質な勧誘です。国からも注意がだされていますが、電力自由化について詳しい知識がないかたを狙った詐欺も問題になっています。電力自由化といっても、電力会社を切り替えるのは必須のことではありません。とくに「必ず電力会社を変えなければならない」あるいは「契約後のクーリングオフは一切できない」といった勧誘をしてくる業者には気をつけましょう。なかにはスマートメーターの購入が有料だと費用を請求するような詐欺もあります。スマートメーターは個人の電力自由化とは関係なく、電力会社が切り替えをするものなので騙されないようにしてください。ただし利用者側の都合によってスマートメーターの設置場所を変える場合は、工事費用が発生することもあります。なお、クーリングオフの判断には条件もありますが、基本的に8日以内であれば可能になっています。勧誘に来た電力会社が怪しいところかどうか気になるときは、国の小売電気事業者の一覧から調べられるようになっています。経済産業省のホームページで確認できるので、すぐに契約をしないでのぞいてみるのもひとつの方法です。