電力自由化の詳細を確認【お得なところを選ぶ】

記事リスト

これから注目のエネルギー

バイオガス

人気のクリーンエネルギー

バイオガス発電という発電が、徐々に人気を高めつつある。バイオというとバイオマス発電が有名であり、それと混同されて認知度が十分に高くない側面もあるが、バイオマス発電に比べても多くのメリットを持っている。まずは、バイオマス発電とバイオガス発電の違いを理解しておく必要がある。原料は両者とも同じで有機性廃棄物、つまり生物由来の再生可能資源を燃焼して得られるエネルギーにより発電している。ちなみに、バイオという言葉は生物を意味している。違いは、廃棄物を直接燃焼して発電するバイオマス発電と違い、バイオガス発電では廃棄物を発酵させ、そこから得られるガスを発電に利用するという点である。有機性の廃棄物を使っているので、化石燃料と比べて二酸化炭素等の温室効果ガスの排出量が少ないのはもちろんであるが、バイオガスを燃やすと直接廃棄物を燃やすよりも、さらに二酸化炭素の排出を抑えられるというメリットがある。バイオマス発電のメリット、つまり有機ゴミを使うため燃料に困らず、太陽光発電などのように自然現象に左右されにくいクリーンエネルギーであるという点などに加えて、バイオガス発電にはさらなるメリットがある。二酸化炭素の排出量を抑えられることも重要なメリットであるが、そのほかにもいくつかあげられる。まず、発酵時に利用されなかった消化液は、捨てられることなく液肥として利用されるので、無駄なく資源を使うことが出来る。次に重要なのはコストの点であるが、プラント設備の構造がバイオマス発電と比べてシンプルであるため、導入する際の設備投資といったコストが抑えられる。また、構造がシンプルであると言うことは導入時だけでなく維持するうえでも、清掃や修理といったコストを抑えることができる。こういったメリットの多さが、バイオガス発電の人気の理由と考えられる。